ブランクがある看護師の雇用の現状とは?

1genjou一度看護師として働きながらも、
いろいろな事情によって看護職を離れている人って、
けっこう多いですよね。

でも、いざ現役復帰をしようと思った時には、
戸惑いや心配な気持ちというのが、
ありますよね。

 

就職を考えている本人はもちろんですが、
採用することになる病院側も、
やはり戸惑いや心配というものはあります。

それでも、看護職員は慢性的な人手不足が続いており、
病院によっては看護師が足りない。
というところもあります。

 

看護師不足は診療報酬などの点でも病院にとっては不利です。
そのため、まずはブランクがあっても、
使える人材は雇用したい。と考えている病院も多いんです。

働く人、そして雇用する病院側についても、
ブランクがあるということについては、
研修などを受けて現場復帰をする方が良い。

と考えているますよね。

 

患者さんに接する、という看護職員の仕事ですから、
その医療機関独自の接遇方法もあるでしょうし、
医療知識や技術も、休職前とは異なるものが沢山ある可能性もあります。

日進月歩で進化している医療の現場ですので、
これは十分にあり得ますよね。

 

病院側は積極的にブランクがある看護師でも雇用したい。
求職側としてはより良い条件で勤務をして、
さらに看護職員としてしっかりと身に着け、働いていきたい。
と思いますよね。

Tags: ,

Posted in 就職・復職