ブランクがある看護師の再就職で大切な事

2daijiブランクがある看護師にとって、
再就職にあたっては
どのように就職活動をしていけばいいのか。

ということに悩んでいる。
という方もいますよね。

 

採用されやすく、
そして自分にとっても有利な条件で雇用してもらうためには、
どうしたらいいのでしょうか?

まず何といっても看護職として働く。
という前向きな姿勢は大切です。

 

人の命を預かる仕事ですから、
看護職員としての誇りがあり、
実際に働くにあたって前向きの方。

というのがやはり採用する病院側としても
持っていてもらいたいこと。
になってきますよね。

 

ブランクがあったとしても、
看護師免許があり、そして向上心がある看護師であれば、
ブランクの穴埋めもすぐにできると思えますよね。

 

就職に際しては、
まず応募書類を揃えていくことになります。

看護師免許の写しはありますか?
履歴書や職務経歴書など、正しい職歴を書き記し、
間違えている部分などはないでしょうか?

 

今まで働いてきた診療科目の中でも、
得意としている専門科目がある。

という方は、
それを積極的にアピールすることもおすすめです。

 

このあたりは面接などでも
しっかりと伝えておきたいことですよね。

書類などの準備が出来、
さっそく求人を探そうとするときには、
ぜひ次のポイントを押さえてください。

 

それが、ブランクがある看護師も歓迎しているという病院です。

やはりブランクがあることで、
看護知識や技術は衰えている部分もあります、
新しい知識や技術も知りたいですよね。

このような点を
しっかりと補完する研修制度などがしっかりしていますので、
おススメですよ。

Tags: ,

Posted in 就職・復職