看護師「ブランクあり」でも復帰できる?

看護師は人材不足

uehjksnhfd
 

看護師の職場はどこも
人材不足というのは今も昔も
あまり変わっていないのが実情です。

看護師という職業は免許がなければ
勤務することが出来ない仕事ですから、
この人材不足というのはなかなか解消できません。

 

もともと看護師を養成する学校自体が少なく、
教育もしっかりと行わなければならない職業
ですから、
なかなか増えないというのも仕方ないんですよね。

新人看護師の数が増えていくわけでもなく、
女性が多い看護職の場合には
ライフステージに合わせて退職してしまう人もいます。

 

そのため今も昔も
人材不足気味な職場になっているんです。

 

ブランクが合っても人材が欲しい

 

人材不足の看護師の職場ですので、
ブランクがあったとしても復職してもらいたい。

それが医療現場の現状です。

 

だからと言って、誰でもいいというわけには
さすがにいきませんよね。

ブランクが合っても前向きに仕事をしよう
という威力的な考えを持っている看護師

医療機関では募集しています。

 

また最近では医療機関だけではなく
福祉や教育の現場でも
看護師という有資格者を募集しています。

やる気さえあれば、ブランクが合っても
復帰をすることはしやすい職業なんですよ。

 

ブランクがあるから難しいのかな。
と考えずに、ブランクはあるけど頑張るわ!
という気持ち
で就職活動をしてみましょう。

 

復帰におススメの職場

qiuwhejf
 

ブランクがある看護師にとって
やはり心配なのは一線で働くことが出来るのか。
ですよね。

やはりブランクがあれば最新の医療にも
触れる機会が少ないですし、
看護技術や知識に不安があるケースもあります。

 

そこで、復帰におススメの職場を
少し紹介してみましょう。

まずは復帰研修を積極的に行っている
医療機関
です。

 

大きな病院では復職研修と共に、
プリセプター制度を用いてスムーズに
職場復帰をするプログラムを実施
しています。

このような病院での復職であれば、
かなりスムーズに復帰することが出来ますよ。

 

生活に合わせた復帰がおすすめ

 

やる気があったとしても、
生活に合わせた復帰をしないと
家族に大きな負担を強いてしまう。

こんなケースで復職失敗となってしまう
看護師もいるようです。

 

育児中や主婦のナースの方にとって、
この生活に合わせた復帰というのは非常に
重要になってきます。

夜勤や土・日・祝日などに出勤がある職場なら、
しっかりと家族の理解を得ておくようにしましょう。

 

日勤のみの職場や土・日・祝が休みという
職場もあります。

職場の種類などもしっかりと考えて
復帰をしてくださいね。

 

例えば保育園や学校などの看護師、
企業内の医務室勤務の看護師、
クリニック勤務の看護師などです。

探してみるといろいろありますので、
ぜひ検討してみてくださいね。

Tags:

Posted in 就職・復職